2008年10月03日

「被災後」の生活復興を考える

 「大地震災害」の可能性が高いと言われている和歌山県。
 震災直後は、行政主体の「公助」活動には限界があり、住民自らが命や街を守る「共助」活動が重要とされます。各地域では、自主防災の体制整備やボランティアの育成、防災訓練の実施などが積極的にすすめられています

 しかし、私たちには、次の段階で「生活復興」という課題が待っています。災害で受けた物心両面の打撃を乗り越え、災害以前よりも、より良い生活を送ることが可能な「地域再生」をめざす様々な取り組みが必要となるのです。
 ここで!私たちNPOの出番があるのではないでしょうか。

そこで、被災地生活支援NPO体制整備ネットワーク会議を開催します。

 被災地でのニーズや課題などを話し合い、被災から1週間程度後の被災者支援のためにNPOの専門性をどう活かすか、各団体がどう連携を取ればいいか、考えます。

10月25日(土)13:00~16:30 和歌山市中央コミュニティセンター 1階 多目的ホール(小)
 ゲスト講師:渥美 公秀さん(NPO法人日本災害救援ボランティアネットワーク理事長、大阪大学大学院准教授)
対象 NPOメンバー、県内の中間支援組織・社会福祉協議会のメンバー等
定員 50名
参加費 無料

詳しくはこちらの案内チラシ(PDF形式・430KB)をご覧下さい。申込用紙もついています。  


Posted by 事務局 at 16:31主催事業・イベント情報

2008年09月10日

幸福(しあわせ)づくり考 in わかやま

年をとっても、最後まで自分が望むところで心豊かにくらしたい…
そんな安心して暮らせる地域づくり、仕組みづくりを、トークと映画を通して考えます。


◆日 時 2008年10月18日(土)13:00 ~ 17:15
◆会 場 和歌山市民会館大ホール
◆主 催 財団法人さわやか福祉財団
◆共 催  「幸福づくり考 in わかやま」実行委員会
◆後 援 和歌山県、和歌山市、和歌山県教育委員会、和歌山市教育委員会、わかやまNPOセンターほか
◆協 賛 アフラック(アメリカンファミリー生命保険会社)
◆参加費 無 料

13:00 《第一部》
◇ ボランティア活動報告 「いまどきの若者 登場!」
  和歌山工業高等学校  和医大ボランティアの会
◇ 和歌山ふれあいトーク
    「心豊かな地域社会をめざして ~ためされる地域力~」
   出演:村田幸子 氏 (福祉ジャーナリスト/元NHK解説委員)
       大橋建一氏(和歌山市長)
       坂口健太郎氏(坂口内科院長)
       市野弘氏(健康生きがいづくり一座座長/地域活動実践者)

15:10 《第二部》
◇ 映画 「村の写真集」
    監督:三原光尋
    出演:藤竜也/海東健/宮地真緒/桜むつ子/大杉漣/原田知世 他
17:15 終 了

ご案内チラシはこちら(jpg画像、約300kb)>  


Posted by 事務局 at 18:38主催事業・イベント情報

2008年05月15日

CLEANわかやま ふるさとをみがこう

CLEANわかやま ふるさとをみがこう

 今年7月7日に開催される北海道洞爺湖サミット。今回のサミットは地球温暖化防止を最大のテーマとしています。
 そこで、「CLEANわかやま」実行委員会では、このサミットに向けて、和歌山の“草の根”の環境活動からの声を発信するためのプロジェクト「CLEANわかやま ふるさとをみがこう」を行うこととなりました

 7月7曰までに実施されるみなさんの環境活動を、洞爺湖へのメッセージを添えて、インターネットかファクスで実行委員会に登録してください。登録される活動は、町や川の美化、海岸や山道などの清掃、花いっぱい運動や森を育てる活動、ゴミの減量やリサイクル様々な省エネ活動や勉強会など、環境に関わる内容ならすべてOKで、団体・個人を問いません

 5月24日のオープニングイベントから7月5日の野外ライブに至るまで、様々な取り組みを通じて「わかやま」をみがき、そして環境についてのメッセージを発信していきましょう。テレビ和歌山での特設番組も放映されます。

 くわしくはCLEANわかやま Webページをご覧下さい。参加登録も可能です。  


Posted by 事務局 at 11:34主催事業・イベント情報

2008年05月08日

勉強会 指定管理者制度を考える

 地方自治法改正にともなって創設された「指定管理者制度」。公共的施設の管理・運営を、NPO等の非営利組織だけではなく民間企業も含めた民間事業体に委託することができ、行政コスト縮減と民間活力の導入を図る「一石二鳥」とされる制度は、和歌山県内でも4年前から導入が進んでいます。
 この「指定管理者制度」の全国的な動向をみながら、和歌山県内におけるよりよい「指定管理者制度」のあり方について考えます。

 日程:2008年5月19日(月)18:00~20:30
 場所:和歌山県NPOサポートセンター 会議・交流スペース(和歌山ビッグ愛6階)
 講師:川北 秀人さん(IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]代表)
1964年大阪生まれ。87年に京都大学卒業後、(株)リクルートに入社。国際採用・広報・営業支援などを担当し、91年に退職。その後、国際青年交流NGO「オペレーション・ローリー・ジャパン」の代表や国会議員の政策担当秘書などを務め、94年にIIHOE設立。大小さまざまなNPOや社会責任志向の企業のマネジメントを支援するとともに、環境・社会コミュニケーションの推進を支援。


内容:
(1)18:00~19:00 協働環境調査報告会
 IIHOEが定期的に実施している、行政の「協働」環境調査。昨年、和歌山県、和歌山市、田辺市の3自治体を対象に実施しました。この内容についてご報告いただき、まずは行政と民間との「協働」のあり方について探ります。
(2)19:00~20:30 指定管理者制度を考える
 全国各地の事例に精通してらっしゃる川北さんから、「指定管理者制度」の全国的な課題や成果等をご報告いただき、和歌山におけるよりよい制度のあり方について、ご参加のみなさんとともに考えます。

 対象:公務員・議員・NPO・その他、指定管理者制度に興味関心のあるみなさま
 定員:30名
 参加費:無料

 備考:「協働環境調査報告会」の内容は昨年12月・今年3月に田辺市・和歌山市で開催した「NPO協働ウォッチング」と同様です。すでにご参加されている方は19時からの参加でも差し支えありません。

 参加をご希望の方は、お名前、連絡先、所属団体・ご職業をお知らせ下さい。
 TEL 073-424-2223 FAX 073-423-8355
 E-mailでもOKです。このブログの左下「メッセージを送る」ボタンからお送り下さい。
  


Posted by 事務局 at 10:33主催事業・イベント情報

2008年03月10日

日高NPO交流会を開催しました

事業コーディネーターのしばです。

和歌山県NPOサポートセンターでは、日高地区のNPOのみなさんによる交流会を7日金曜日に開催しました。
昨年、日高振興局で開催した行政とNPOの交流会の場で、NPOのみなさんから「NPO同士が話し合える場がもっとあれば・・・」というご意見を頂戴しまして、その声を反映させる形で開催したものです。

平日の夜ということもあって、参加された方は少なかったのですが、はじめはやや静かだった会場も時間が経つにつれて同士活発な意見交流へと発展。
地域の課題を解決することを第一義とするNPOのみなさんですから、地域で様々な悩み事や困りごと、矛盾と感じられていることはよく似ているんですよね。逆にその矛盾をなんとかしたい、と思うからNPOを立ち上げて地道に活動をされてこられてきたわけでもあります。

わたしが入らせていただいたグループで、他地域の事例をご紹介しましたら、ぜひそこに行ってみたい!とおっしゃられた方がいらっしゃいまして、簡単な地図を書いて差し上げました。また、わかやまCBウイークのワークショップ(http://cbwaka.ikora.tv/e105396.html)で発表された「ビジネスモデル」、これって御坊であれば割と簡単に実現できるのでは?ということで、NPO同士の結びつきを強めNPO同士の協働を実現することによる新たな可能性もみえてきました。

御坊市自体は和歌山県でいちばん人口が少ない市ですが、それだからこそ、地域の課題がみんなの課題として広く共有されているように感じました。こういう地域課題を語り合って、自分たちのNPOでできること、ほかのNPOとの連携でできること、模索すればたくさん出てくるのではないかな?と思えた週末の夜でありました。  


Posted by 事務局 at 17:44主催事業・イベント情報

2008年02月18日

共に生き活きシンポジウムを開催しました

 わかやまNPOセンターでは、和歌山県経営者協会、和歌山県社会福祉協議会との三者連携で、主に勤労者のみなさんがワークライフバランスを大切にしながら地域で豊かに暮らせる社会づくりをめざす「紀州わかやま“勤マル”ネット」を運営しています。この一環として、2月12日に「共に生き活きシンポジウム」を開催しました。

 和歌山県仁坂吉伸知事、早稲田大学学事顧問・NPO法人富士山クラブ理事長の奥島孝康さんの基調講演に続き、紀州わかやま“勤マル”ネット推進協議会座長・堀内秀雄のコーディネートのもと、花王株式会社CSR推進部長兼社会貢献部長の嶋田実名子さん、和歌山高齢者生活協同組合専務理事・NPO紀州お祭りプロジェクト事務局長の上森成人さん、それに和歌山県経営者協会専務理事で紀州わかやま“勤マル”ネット推進協議会代表の塩路茂一に仁坂・奥島両氏を交えたパネルディスカッションを実施しました。

仁坂吉伸知事
仁坂吉伸知事

奥島康孝さん
奥島康孝さん

パネルディスカッション
パネルディスカッション

当日は150名の方にご参加いただきました。お越し頂いたみなさん、ありがとうございました。  


Posted by 事務局 at 16:41主催事業・イベント情報

2008年02月05日

みんな元気に!2月12日 「共に生き活きシンポジウム」開催!

紀州わかやま“勤マル”ネット~共に生き活きシンポジウム
2/12 13:00~16:30 和歌山ビッグ愛 大ホールで開催!

 「仕事」と「生活」の調和を図り、地域社会での居場所づくりを目指した厚生労働省・勤労者マルチライフ支援事業を引き継ぎ、「紀州わかやま“勤マル”ネット」がスタートしました。紀州わかやま“勤マル”ネットでは、市民・行政・NPO・大学・労働組合等の協働ネットワークを紡ぎ、「和歌山から豊かな生き方とまちづくり」を発信していきます。
 この「共に生き活きシンポジウム」では、働く人が仕事だけではなく、地域人・家庭人として素敵な生き方を保障する“まち”をどのように創っていけば良いのか。地域で共に豊かに生きていく社会のあり方について議論したいと思います。

◆第1部 和歌山元気大賞表彰式
 ただ企業等で働くだけではなく、地域でもボランティア活動などを通じて自分の居場所を持ち、「自分らしく」多様な生活をする「マルチライフ」。
 その顕著な活動をされている方、あるいは「マルチライフ」を積極的に推進している企業等を、「和歌山元気大賞」として表彰します。

◆第2部 基調講演
 「豊かな生き方と地域づくり」
  奥島 孝康 氏 (早稲田大学学事顧問・NPO法人富士山クラブ理事長)
 「和歌山を元気にする人づくり」
  仁坂 吉伸 氏 (和歌山県知事)

◆第3部 シンポジウム
 「豊かな生き方を発信し、地域共生力を育む和歌山をつくろう!」
 パネリスト
  嶋田実名子 氏 (花王株式会社CSR推進部長兼社会貢献部長)
  上森 成人 氏 (和歌山高齢者生活協同組合専務理事・NPO紀州お祭りプロジェクト事務局長)
  塩路 茂一 (紀州わかやま“勤マル”ネット推進協議会代表・和歌山県経営者協会専務理事)
 コメンテーター
  奥島 孝康 氏・仁坂 吉伸 氏
 コーディネーター
  堀内 秀雄 (紀州わかやま“勤マル”ネット推進協議会座長・和歌山大学生涯学習教育研究センター教授)

参加費/無料

主催・お問い合わせ/
 紀州わかやま“勤マル”ネット推進協議会
 事務局:和歌山県経営者協会・和歌山県社会福祉協議会・わかやまNPOセンター

連絡先/和歌山県NPOサポートセンター(担当:三原)
 TEL 073-435-5424 FAX 073-435-5425 E-mail info@wnc.jp  


Posted by 事務局 at 23:32主催事業・イベント情報

2007年12月28日

大橋建一和歌山市長へ政策提言を実施

26日、わかやまNPOセンターは大橋市長と面会し、政策提言「和歌山発、NPO新時代。~元気わかやま市への諸施策の実現に向けて~」を行いました。

まず冒頭、豊田理事長から「NPOが元気だと暮らしが良くなり、それが和歌山市を住みやすい都市にする。ピンチの時こそ、積極的なNPO施策を打ち出して頂きたい。」とあいさつをし、その後、提言書について意見を交換しました。

意見交換の中では、次年度本センターが市の底力事業として実施する「和歌山公園動物園協働による活性化プロジェクト」に触れ、市長は「市民主導で活用策が出てくることで、私もファイトが沸いてくる」と述べられました。

政策提言の中身につきましては、「政策提言」のページで掲載しております。


  


Posted by 事務局 at 22:09主催事業・イベント情報

2007年12月25日

生活の足をみんなで支え合うフォーラムを開催

15日(土)、「生活の足をみんなで支え合う ~市民主権で交通福祉のまち「わかやま」をつくろう~」をプラザホープにて開催いたしました。当日は、約30名の皆さんに参加いただきました。

フォーラムに参加した皆様の期待・満足度は、平均87点でした。

暮れのお忙しい中、ご参加いただきました皆様に感謝いたします。

当日の資料が若干残っております。もしご関心がおありでしたら、事務局までお問い合わせ下さい。
また、当日の詳細な報告書の作成も検討しております。

わかやまNPOセンターでは引き続き、生活課題についてもスポットをあて、発信していきたいと思っております。



  


Posted by 事務局 at 09:00主催事業・イベント情報

2007年12月19日

伝えるコツを身につけよう (詳細決定!)

 NPO広報力向上委員会では、「うまく伝える」ということがきっかけになって、日本のさまざまなNPOの活動が、もっと広がったり、盛り上がったりすることを願って、広報力やコミュニケーション力をアップさせるためのヒントをまとめた冊子「伝えるコツ」を作成しました。
 このセミナーでは、その冊子を使い、NPOの広報の支援に関わるスタッフの支援する力の向上を期待した、広報力アップのトレーニングを実施します。
 NPOの広報力の向上のためには、そのNPOに関わるみんなが意識を共有し、議論をすることも必要です。このセミナーでは、その場だけではなく、持って帰ってできるトレーニングを意識しています。ぜひご参加ください。

■ 日時:2008年1月27日(日) 10:00~17:30
■ 場所:和歌山市民会館 第1練習室

■ 定員:50名(先着順)
■ 参加費:2,000円(資料代など)
   (わかやまNPOセンターをはじめ関西のNPO支援センター会員、日本NPOセンター正会員は1,000円)
■ 主催:NPO広報力向上委員会
■ 協力:特定非営利活動法人 わかやまNPOセンター、特定非営利活動法人 日本NPOセンター

■ プログラム ※タイムテーブルは変更になることがあります。
10:00~15:10 「伝えるコツをやってみよう」 講師:鶴保 正明 氏
 (株式会社電通 第5クリエーティブディレクション局クリエーティブディレクター)
 冊子「伝えるコツ」を使い、事例をおりまぜながら、広報に必要なヒントと「伝えるコツ」の活用の仕方について、お昼をはさんで、基礎編、実践編に分けて、じっくりと解説します。

15:20~17:30 「NPOの広報物から学ぼう」
 コメント:鶴保 正明 氏(株式会社電通)
 進行:田尻 佳史(特定非営利活動法人日本NPOセンター)
 ご参加のNPOのチラシやパンフレットなどを用いて、講師からのコメントを中心に発信物づくりのポイントを学びます。

■ コメントご希望の方へ
 「NPOの広報物から学ぼう」で、講師からのコメントを希望される団体は、広報物の事前送付が必要になりますので、1月10 日(木)までに参加申込みをお願いします。広報物の送付方法については、お申込み受付後、参加申込受付証の送付時にお知らせいたします。

 詳細チラシ(申し込み書兼用)はこちらからダウンロードください(PDF・175kb)。  


Posted by 事務局 at 13:49主催事業・イベント情報

2007年12月14日

仁坂吉伸知事へ政策提言を実施

本日、わかやまNPOセンターは仁坂知事と面会し、政策提言「和歌山発、NPO新時代。~和歌山県を元気にする諸施策の実現に向けて~」を行いました。

豊田理事長から「市民活動が活発でないと、地域は元気にならない。財政難の今だからこそ、NPOの充実発展が必要だ」とあいさつをし、その後、提言書について意見を交換しました。また、NPO活動に関しての情報交換を行いました。

提言書類の全文につきましては、後日報告いたします。
また、県から回答があり次第、ホームページへ掲載いたします。


提言を手渡す豊田理事長


今後、和歌山市に対しても同様の提言を行います。  


Posted by 事務局 at 22:25主催事業・イベント情報

2007年12月14日

来年1月・2月はNPO広報力向上月間!

 NPOにとって自分たちの団体のことや活動の内容を対外的にPRするのは大きな課題。
 そこで、わかやまNPOセンターと和歌山県NPOサポートセンターでは、来年1月から2月にかけて、NPOの「広報力」を高める講座・セミナーを多数展開します。

◆ NPOリーダー養成講座「未来塾」in和歌山・田辺
 連続講座形式で、広報力を磨きます。広報コンテストも実施予定!
  和歌山会場 1月19日(土)・2月2日(土)
  田辺会場 2月9日(土)・23日(土)
 主催:和歌山県NPOサポートセンター

◆ 伝えるコツを身につけよう~NPOのための広報スキルアップセミナー~
 現役電通マンに学ぶ!実践的講座。実際に広報物を見ていただきアドバイスもいただけます。
  1月27日(日) 和歌山市民会館
 主催:NPO広報力向上委員会、共催:わかやまNPOセンター、日本NPOセンター

 それぞれ詳細は、前者は和歌山県NPOホームページ「わかやまNPO広場」、後者はわかやまNPOセンターWebページにて来週公開予定です。乞うご期待!  


Posted by 事務局 at 10:59主催事業・イベント情報

2007年12月13日

震災後の生活復興を考える

12月8日(土)に、模擬訓練「NPOの出番です!共助ですすめる生活復興」を開催いたしました。

ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました。当日は約140名の皆さんにお越し頂きました。

当日の模様ですが、明日の朝、NHKニュース「おはよう関西」7:30台で放映される予定です。是非、ご覧下さい。

当日の詳細につきましては、別途写真入りで報告いたします。

  


Posted by 事務局 at 17:56主催事業・イベント情報

2007年11月22日

皆様のお陰でここまで来ることができました。

14日(水)に「わかやまNPOセンター法人格取得5周年記念交流会」を開催いたしました。

この和歌山に、市民活動をサポートする拠点として設立し、法人格を取得して丸5年。

いろんな方々に支えられ、励まされ、ここまでやってきました。

交流会では、NPO、企業、行政、大学、議員の皆さんから、たくさんのお祝いの言葉を頂きました。

本当にありがとうございました。

是非、10周年、15周年、20周年、50周年の記念行事ができるように、今から未来を見つめ、頑張っていきたいと思います。

これからも応援、よろしくお願いいたします。

当日の記事はこちら(ニュース和歌山)

  


Posted by 事務局 at 19:08主催事業・イベント情報

2007年11月20日

NPO協働ウォッチングin田辺~協働環境調査報告会~

2007年12月5日(水)13:30~16:45
田辺市民総合センター 4階交流ホール

 自治体とNPOとの「協働」への関心は年々高まりつづけています。
 加えて、協働への期待は、今や都道府県や大都市から小さな市・町村へ広がっています
 各地では協働により、課題を解決したり、市民によりよいサービスを提供する取り組みも見られるようになってきましたが、よりよい協働事業をより多く生み育てるためには、協働を進めるしくみや制度の整備・充実が急務です。

 IIHOE[人と組織と地球のための国際研究所]では、2004年から自治体とNPOの協働のしくみづくり(協働環境)の整備状況についての調査を行い、各自治体の協働環境の進度について点数化を試みています。第3回目となる2007年は、全国のNPO支援センターとともに252自治体の調査を行い、今回和歌山県内では、和歌山県、和歌山市、田辺市が対象となりました。今回はそのご報告とともに、残された課題や協働に取り組む人たちへの宿題についてみなさんと共に考えます。
 また、2005年6月にオープンした公益情報ポータルサイト「CANPAN」(運営:日本財団)の紹介も、併せて行います。
 よりよい自治体とNPOの協働を考えたいみなさんのご参加をお待ちしています。  続きを読む


Posted by 事務局 at 17:19主催事業・イベント情報

2007年11月12日

被災体験してみよう!!

大地震が起こり、避難生活が始まったときには、いろんな課題が出てきます。

ライフラインの復旧、住宅の再建、仕事への復帰など・・・。

大地震の後、これまでの「日常生活」へ戻るには相当の時間とエネルギーが必要になります。

日常生活へと戻るとき、「何が必要か」「NPOでどんかことができるのか」を実際にやってみて、感じて、これからに備えるために、被災体験の模擬訓練を実施します。

是非、ご参加下さい。

<こんな体験が出来ます!>
・知ってトクする!「緊急時の知恵」(普段の生活グッズでこんなものが役に立つ?!)
・地震体験(震度7を体感!!)
・NPO・ボランティア活動の紹介
・展示ブース


日 時: 2007年12月8日 10:00~12:30
会 場: 和歌山ビッグ愛大ホール
その他: 参加費は無料(プレゼント付き)
      前日までに参加の申し込みをお願いします。
申込先: NPO法人わかやまNPOセンター
      電話073-424-2223 FAX073-423-8355
      メール info@wnc.jp

 詳細チラシ

  


Posted by 事務局 at 10:47主催事業・イベント情報